顔が大きいという悩みは小顔整形を受けることで解消できる

サイトメニュー

アゴ形成の種類

女性

小さいアゴも美容整形で改善できる

日本人はアゴが小さい、または後退している人が多いと言われており、実際にアゴにコンプレックスを抱えている人も少なくありません。アゴが小さい・後退していると横から見たときに、美しさの条件の1つと言われているEラインが崩れてしまいます。顔の美容整形といえば目を大きくする鼻を高くするなど、一部分のパーツのデザインを整えるのが以前は主流でした。今でもこれらの美容整形は人気ですが、Eラインという言葉が定着したこともあり横顔を美しく整えるために、美容整形外科クリニックを受診する患者さンも増えたようです。小さいアゴ・後退しているアゴでEラインが崩れているという場合、銀座の美容整形外科クリニックでは「アゴプロテーゼ」と「ヒアルロン酸注射」で輪郭形成を行うのが一般的です。アゴプロテーゼは人工シリコンをアゴ部分に挿入し、キレイなEラインを作り出すメスを使う美容整形です。使用する人工シリコンをオーダーメイドで作るクリニックが銀座にはあり、メスを使う美容整形でも仕上がりが自然と好評を集めています。ヒアルロン酸注射はメスを使わないプチ整形で、ヒアルロン酸をアゴ部分に注入してEラインや、シャープな輪郭を作ります。メスを使う美容整形、そしてメスを使わないプチ整形どちらも選ぶことができるので、自分に合う方法でアゴのコンプレックスを解消することが可能です。

キレイな横顔を手に入れることができるとして、アゴプロテーゼとヒアルロン酸注射によるアゴ形成は銀座の美容整形外科クリニックでも人気です。ただ、銀座という一等地にある美容整形外科クリニックで美容整形を受けるとなると、費用が気になるという人が大半なのではないでしょうか。アゴプロテーゼの場合、銀座の美容整形外科クリニックで施術を受けた場合の目安は、20万円から50万円ほどです。メスを使わないプチ整形のヒアルロン酸注射の場合、1回の施術にかかる費用の目安は約5万円から10万円となっています。この金額はあくまで目安で注入するヒアルロン酸の種類や、量、そして各クリニックによって値段は様々です。このように費用相場で比較してみるとヒアルロン酸注射の方が安く、金銭的にはチャレンジしやすいことが分かります。ただし、ヒアルロン酸は時間の経過と共に体内に吸収される性質があるので、キレイなEラインを維持したいのであれば定期的な施術が必要です。一般的なヒアルロン酸の場合は約半年から1年程度で、長期間持続型のヒアルロン酸でも3年ほどで吸収されてしまいます。1回の費用はリーズナブルですが定期的な施術が必要なことも考えて、アゴプロテーゼかヒアルロン酸注射かどちらかを選択する必要があります。